microsoft edge で web サイトを信頼するかどうかを知る方法

Microsoft Edge で Web サイトを信頼するかどうかを知る方法

Microsoft Edge で Web サイトのアドレスの横にロック ボタンが表示された場合の意味は次のとおりです。
Web サイトから送受信する内容は暗号化されるため、他のユーザーがこの情報を取得するのが困難になります。
Web サイトは確認済みです。つまり、サイトを運用している会社は、そのサイトを所有していることを示す証明書を持っています。ロック ボタンをクリックすると、サイトの所有者と、その検証者を表示できます。

続きを読む microsoft edge で web サイトを信頼するかどうかを知る方法

microsoft edge の閲覧履歴を表示または削除する

Microsoft Edge の閲覧履歴を表示または削除する

閲覧履歴は、フォームに入力した情報、パスワード、アクセスしたサイトなど、Microsoft Edge に記憶されている情報で、Web を閲覧すると PC に保存されます。
閲覧履歴を表示するには、 [ハブ] > [履歴] と選びます。 閲覧履歴を削除するには、 [すべての履歴をクリア] を選び、PC から削除するデータまたはファイルの種類を選んで、 [消去] を選びます。

リーディング リスト アプリから microsoft edge に項目を移動する

リーディング リスト アプリから Microsoft Edge に項目を移動する

Microsoft Edge は Windows 10 から導入された新しいブラウザーです。リーディング リストが組み込まれていて、記事を保存して後で読むことができます。Windows 10 にアップグレードしたら、リーディング リスト アプリから Microsoft Edge に項目を移動して、すべての項目を 1 つの場所で管理できるようになります。

続きを読む リーディング リスト アプリから microsoft edge に項目を移動する

microsoft edge で既定の検索エンジンを変更する

Microsoft Edge で既定の検索エンジンを変更する

そのためには、新しい検索エンジンをインストールし、それを既定として設定します。方法は次のとおりです。

検索エンジンの Web サイトに移動します。
[ その他のアクション] (…) > [設定] > [詳細設定を表示] の順に選びます。 [アドレス バーでの検索時に使う検索プロバイダー] の下にある一覧で、 [新規追加] を選びます。
Web サイトを選び、 [追加] を選びます。
注意: 一覧に表示されるのは、OpenSearch 標準をサポートする検索プロバイダーのみです。検索プロバイダーがまだ OpenSearch 標準をサポートしていない場合、 このページ に記載されている方法で、サポートすることができます。定期的にこの一覧を見て、追加された検索プロバイダーを確認してください。
このサイトを既定の検索プロバイダーとして設定するには、 [アドレス バーでの検索時に使う検索プロバイダー] の下の一覧に戻り、そのサイトを選びます。

microsoft edge でパスワードを記憶する

Microsoft Edge でパスワードを記憶する

サインインが必要な Web サイトにアクセスすると、ユーザー名とパスワードを記憶するかどうかの確認が Microsoft Edge により求められます。次回サイトにアクセスすると、アカウント情報が自動的に入力されます。パスワードの保存は既定でオンですが、オンまたはオフにする方法は次のとおりです。

続きを読む microsoft edge でパスワードを記憶する